開運財布をお気に入りのブランドから選ぶ時に重要視する点とは!?

開運財布はお気に入りのブランドからでも選ぶことができます。ただ選ぶ時に重要視する点もあります。どの財布でも良いって訳ではありません。

そこでブランドから金運をアップする開運財布を選ぶポイントをご紹介致します。

開運財布をお気に入りのブランドから選ぶ時に重要視する点とは!?

自分の気に入った財布を見つけよう

財布は様々な種類がいろんな会社から販売されています。
ブランド品もあれば、ノンブランドだけど使い勝手が良くて安価な財布。

牛革もあれば豚・羊・布・ビニール・合成皮革など素材一つをとっても様々です。

形も長財布があれば二つ折りの財布・がま口などがあります。

色も女性に人気のピンクだったり、白や赤などいろんなものがあります。

男性だったら黒が定番でしょうか。

こんに様々な財布が販売されていますが、どのような財布が金運を上げてくれる開運財布なんでしょうか。

もちろん本人が気に入ることも大事です。

松居一代さんは、自分が気に入る財布を海外まで行って探すそうです。
ただ財布探しをするためだけに海外まで行くって庶民の私にはできませんがそれぐらい気に入るまで探すそうです。

 

ブランドの財布から開運財布を見つけ出す方法

開運財布はもちろん、ブランドの中にもたくさんあります。
ルイ・ヴィトンやエルメスが好きだからその中から開運財布を選びたいって方もおられると思います。

大丈夫です、見つけ方をお教え致します。

開運財布を見つけるのに重要視する点はこの3つです。
・形
・色
・素材

です。

まず、形はお札がゆったりと入れられる形のものが良いです。

たとえば、長財布ですね。

これまで数多くの社長様の財布を見てきたゲッターズ飯田さんもおっしゃられていましたが”社長の多くは長財布”を使われているそうです。

お札がお友達を呼んできてくれるためにもリラックスできるスペースが必要って訳なんですね。

二つ折りの財布は、お札を折っていれるのとお尻に敷いたりしてしまいます。

お札をお尻に敷くって、金運を上げたい人がやってはいけないことです(^^;

どうしても二つ折りの財布をお使いになられたい場合は、バッグやカバン、胸の内ポケットに入れるようにしましょう。

 

次は色です。

まずNGカラーから申し上げると、「赤」です。

日本では赤字になると言われていますが、まんざら間違いでもありません。

風水的には赤色の財布を持つと、お金の出入りが激しくなり浪費が増える色と言われているからなんです。

だから財布としてはあまり良い色とは言えません。

ただ勝負運を上げてくれるカラーなので、ここぞと思う勝負の時に持つと運気が上昇します

商談や宝くじなど一発勝負をかけたいときに持たれてみてはいかがでしょうか。

財布だけではなく、ワンポイントで持っても運気が上がります。

お勧めの色は、金色か黄色ですね。どちらも風水的には最高に運気を上げてくれる色です。

ただ、皆様は外側の色ばかりを気にしていますが、重要なのは内張りの色なんですよ!

お金が触れるところの色が大切なんですね。

あのDr.コパさんの財布も内張りが黄色とラベンダー色になっています。
実は、私もDr.コパさんの財布を2つ使っています。
どちらも内側のお金の触れる部分は、黄色とラベンダーです。

黄色は金運をアップしてくれる色で、ラベンダーは厄を落としてくれる色なんです。
お金について様々な厄を落としてくれるので良いとされています。

 

そして最後が、素材ですね。

ポイントはしっかりとした素材のもの選ぶことです。

NGの素材としては、馬革・ビニール・合成皮革ってとこです。

ただ、ビニールや合成皮革はDr.コパさんが販売されている財布でも使用されているんですよね。

だからしっかりした素材なら良いのかも知れません。

馬革・ビニール・合成皮革はなぜNGかというと、「火」の運気だからです。

お金は「火」で溶けてなくなってしまうからとっても相性が悪いってことでNGなんですよ。

牛革は中国では豊さの象徴で、風水では土の運気です。土は母なる大地をあらわしていて植物をはじめてあらゆるものを育んでくれます。ですので、財布の色に使用するとお金が増えると言われています。

 

以上がブランドの財布から開運へと導いてくれる財布の選び方でしした。

 

まとめると、色は黄色か金色、形は長財布、素材はしっかりとしたものを選ぶ、お勧めは牛革です。

 

開運財布の選び方をより詳しく知りたい方はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*